障害者雇用の広がり

男性

平均的な賃金について

現在では障害者の雇用に関する法律も整備されているため、雇用範囲も広まり障害者を対象とする求人情報も多くなっています。 従業員を雇用する場合、賃金に関しては基本的に障害のあるなしに関わらず、また、雇用形態に関わらず国で定めた最低賃金を下回ってはいけないことになっていますが、最低賃金の減額特例も定められています。 減額特例には試用期間中や、業務を遂行する上で著しく支障が出ている場合などに認められていて、知的障害や精神障害が重度である場合に認められることがあります。 現在では、雇用形態に関わらず常用で働く障害者も増えてきましたが、平均賃金は健康な人に比べると低い傾向にあり、最低賃金に近い賃金で働いている人が多いと言う調査もあります。

障害者の求人の特徴について

最近では障害者を専門とした求人サイトも多くありますが、全般的には身体障害者の求人が多く、精神障害者の求人は少なめの傾向にあります。 職業訓練施設などでパソコン等のスキルを学んでいる人も多く、IT系の企業の求人も多く見受けられます。 特に障害によっては、特定の分野において高い能力を持っている人も多く、本人の働きやすい雇用環境を整えることで大きな役割を果たすことができます。 知的障害者や精神障害者を雇用する場合は、本人の特性や能力に応じた仕事を提供することが大事ですが、一緒に働く人達の協力や理解も重要になってきます。特にコミュニケーションが苦手な人の場合は、言葉ではないコミュニケーション方法を探ることも大切です。